48 Stunden Neuköllnは街中にアートが溢れる

48 Stunden Neuköllnに行ってきました。このイベントは毎年開催されている、金曜と土曜にかけてNeuköllnで開催される様々なアートが街中に展示されるイベントです。ギャラリーだけじゃなくカフェやレストランも展示会場になります。

今年は天気もよく、たくさんの人が出歩いていました。友達とRathaus Neukölln駅で待ち合わせて、ぶらぶら歩き始めました。

まずストリートパフォーマンスに遭遇。バイクに扇風機みたいなのが付いていて、2人の人がガスマスクみたいなものををつけて黙々と玉ねぎを切っています。あまり意味は深く考えませんでしたが、面白いなと思いました。

さらに歩くと、人がどんどん入っていく建物があったので、行ってみよう!と入ってみることにしました。意外と上の階で、まだ〜?と思いながら階段を登り、まずは人のたくさんいる広場がありました。

バーとDJがあります。ここでたむろするのも楽しそうだなと思いましたが、今日の目的はアートなので、上にあるギャラリーに向かいました。

ギャラリーにはいろんな展示があり、ショートムービーや絵画、写真、面白いオブジェクトまで様々です。今年のこのイベントのテーマが影[Schatten]で、光を使って影を生み出す展示が面白かったです。

ギャラリーを出て歩くと、Sparkasseの前の広場でミニコンサートがやっていたようでした。人々が座ってまったりしています。よく見るとぐっすり眠っているおじさんがいます。

次は別の友達が作品を展示しているギャラリーに行きました。がらくた市の中にあります。Galerie Supernovaというギャラリーです。久しぶりに会う友達。すでに酔っ払っていました。

ギャラリーの中を案内してもらいました。とてもいい感じのかわいいギャラリーです。友達のアートも素晴らしかったです。アーティストですな〜。私も何か頑張らないと。

友達とバイバイして、また歩いてWeserstrasse方面へ。Weserstrasse方面に行けばとりあえず何かあるから毎年この辺に来ちゃうんですよね。もっと広いエリアでいろいろ開催されているけど、全部見るのは大変です!各イベントスペースにイベントマップが置かれています。

Weserstrasseにあるのは賑わっているバーと、そこにちょこっと併設されたアートの展示。シアターパフォーマンスなんかもあったようですが、ちょっと行ったのが遅すぎたようです。他の友達とかとも遭遇して、ただ単にぶらぶらしていただけですが、夜遅くでも暖かく楽しかったです。

バーの前には出店も出ていたりして、食べ歩きできます。
毎年開催されるこの48 Stunden Neukölln、アートが好きな方はもちろん、そうでない方でも楽しめるおすすめイベントです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする