履いてる人は一年中電車に乗り放題!ベルリンBVGとアディダスのコラボスニーカー

ベルリンの交通機関の会社BVGとアディダスの、異色のコラボのスニーカーが今週火曜日に発売されました。こちらは限定500足で、価格は180ユーロ。ちょっと高級なスニーカーのお値段ですが、なんとこちらのスニーカーにはベロのところに1年間のBVG交通機関のチケットがついていて、履いていれば1年間は電車Uバーン、バス、トラムが乗り放題になるんです。

1年間の交通機関のチケットを普通に買うと、一番安いタイプでも761ユーロしますので、かなりお得ですね!ただし、ドイチェバーンが経営するSバーンはこのキャンペーンに参加しなかったので、Sバーンに乗るのはチケットが必要になってきます。ちょっとややこしいですね。普通に電車で移動するとUバーンとSバーン両方まんべんなく使うと思います。

コラボの理由は、若者へ向けた公共交通機関利用のアピールのようです。電車やバスにそんなアピールいるかな??って思いますが、ベルリンは自転車で移動する人も多いですからね。特に若いヒップスターは大体自転車に乗っています。このキャンペーンで、電車やバスに乗りことはクールだよって言いたいみたいです。

photo by arspock

スニーカーのデザインは面白くて、意外とかわいいです。黒と白のスッキリしたデザインに、地下鉄Uバーンの座席の柄がしつこくなくあしらわれています。靴の紐はBVGのイメージカラーの黄色と黒のメッシュ模様。そしてベロのところに布化したBVG一年間有効チケットが結構目立つ感じで配置されています。

電車のチケットがお得になるし結構いいな〜って思いましたが、私は服装的に毎日スニーカーは履けないので、残念だけどやっぱいいやって思いました。スニーカーはしっかり履いてないと、チケットとしてみなされないらしいです。バッグなどに入れておいて、検査員が来たら見せるのはダメらしいですね。検査員が来る前にこっそり履き替えればいいのかな?

ベルリンの電車の駅には改札がなくて、チケットのチェックはたまに来るチケット検査員のチェックだけなので、このようなただのスニーカーの布チケットでも問題ないんですね。ちなみに私はここ2ヶ月ぐらい検査員に遭遇してませんが! 問題はバスですね。バスの運転手さんは一応チケットのチェックをします。バスの運転手さんは足元まで見えないので、わざわざ靴を脱がないと行けないですね。

電車代浮くし、結構人気出て売り切れるかな?ぐらいに思っていましたが、スニーカー好きっているんですね〜。いるって知ってたけど、こんなものまで手にしたい人が山ほどいるなんて、スニーカーコレクターの情熱はすごいです!

スニーカーはミッテとクロイツベルクの2店のお店で売られましたが、どちらも長蛇の行列ができていたようです。一番早い人では5日前から並んでいたとか。この雪降ったり寒い中、外で長時間待つなんて、、すごいタフです。定期的に並んでいる人リストのチェックがあって、基本的その場所でちゃんと待っていなければいけなかったようです。夜はチェックの休憩があったようですが。テントや寝袋で過ごしていたようですね。

並んでいた人は、コレクターと、単に電車代を浮かせたい人のミックスだったようです。それと、やっぱり転売目的の人もたくさんいるんですね〜。スニーカーってそんなに高く売れるものなんですね。もうすでにebayで1000ユーロとかで売られています。スニーカー好きやばいです。これだけ値段を上げられるのなら、長時間待つのも我慢できます、か、ね。。

多くはコレクターの元に行ってしまうのかもしれませんが、ぜひ街中や電車で履いてる人を見たいものです。特にチケット検査員がどんな反応をするのか見てみたいです。

BVGはこの他にも電車の座席の柄のグッズを色々出しています。結構かわいいですよ。興味のある方はBVGのウェブサイトを見てみてください。良いベルリンの土産になるかもしれません。

こちらもどうぞ

ベルリンは電車の無銭乗車がドイツ一!偽物チケット検査員も。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする