ドイツDHL(宅配)はなぜチャイムを鳴らさないのか ~届かない荷物~

ベルリンの宅配の多くはDHLによって配達されますが、、今まで4年半ベルリンにいる中で、ちゃんとドアの前まで届けてくれたのは3割ぐらいですね(ー ー;) 家にいるのにチャイムを鳴らしてくれないんです。

その代わり後日不在票みたいなのが届いて、”残念ながら届けることができなかったので、最寄りのポストオフィス(またはご近所さん)に届けました” と書いてあります。”不在だったので”とは書いてないですからね。不在票じゃないですね。ちゃんと家にいたんだから(^_^;)

送料を払っているのに、どうしてポストオフィスに足を運ばないといけないのか…ちょっとめんどくさいです。配達する努力もせずに、単にポストオフィスに届けるとか!配達業じゃないじゃん!とたまに思います。

以前、引越しのためにダンボールをネットで注文しましたが、DHLではなくて、DPDという会社でした。配達の日に来てくれなかったので、な〜んだ、と思っていましたが、建物のドアのベルに私の名前は書いていなかったことに気がつきました。私のミスです。配達員さんに申し訳ない。

メールでドアのベルの名前を知らせて、そしたら次の日に再配達してくれました。しかも、11時から12時の間に行きますよっていう知らせと、今ここですよ。のトラッキングの詳細な地図付きでした。なんか日本みたいなサービス。ありがたかったです。配送業者を選べるならDHL以外にした方がいいかもしれません。

私の周りでもDHLは評判があまりよくないです。Facebookページを見ても、不平不満がたくさん書かれています。一番の問題はチャイムを鳴らさないこと。私はただ単にめんどくさいからだろうなと思っていましたが、色々理由があるようです。

ネットで、DHLの配達員の人が質問をたくさん受け付けているフォーラムを見つけたので、内容を紹介してみようと思います。

スポンサーリンク

DHL配達員がチャイムを鳴らさない理由

高層ビルは大変

宅配便を抱えて、上の階へ行ったり下の階へ行ったりかなりの時間がかかるそうです。100を超える部屋数のアパートで、20個の宅配便を持っていたとすると半日かかってしまうそうです。なので単に不在票を届けた方が簡単とのこと。

トラックに荷物を積む時に、荷物を見落とした

配達員一人一人が自分で荷物をより分けてトラックに積むので、たまに荷物を見落とすことがあるそうです。

駐車スペースが無い

駐車スペースが他の車でぎっしり埋まっていたり、スペースがあっても駐車禁止のスペースだったらトラックを停められないので荷物を届けられないとのこと。配達のトラックなら、特別許可がありそうなものですが、この配達員さんも一回駐車違反のチケットを貼られたことがあるようです。

チャイムのボタンがうまく機能してない

アパートによってチャイムにいろんな種類があって、かなり強く押さないと鳴らないチャイムもあるのでしょう。配達員の人が押したつもりでも、部屋にいる人には聞こえていなかったということがあるようですね。

道から部屋までが遠い

アパートにはHinterhaus(奥の建物)やSeitenflügel(サイドの建物)などがあり、メインのドアを入ってからもちょっとややこしくなってるんですね。他の建物に行ってると時間を食うので、Vorderhaus(前側の建物)に住んでいる人に荷物を預けて、不在票を入れるというのがよくあるそうです。

などが理由に挙げられていましたが、やっぱりちょっとめんどくさい部分が大きい感じはしますね。昔、IKEAから組み立て式家具をネット注文した時には当然私のアパートの部屋までは届けてくれませんでした。

4階(日本でいう5階)に住んでいて、エレベーターも無かったですから。部屋の窓からDHLの配達員さんがキャリーカートに乗せた荷物を持ってドアの前にいるのが見えました。私のアパートに数個の荷物を届ける予定だったようです。

「あれはちょっと無理だろうな」と思いました。配達員さんは荷物を持ってトラックに戻って行きました。私は下に降りて行きませんでした。なぜかというと、私一人でIKEAの荷物を持って上がるのは無理だったからです。

私の今住んでいるアパートは、後ろの後ろの建物なうえ、4階なのですが、、どうなのでしょう。まだ配達されたことがないのでわかりませんが、ちゃんとチャイムを鳴らしてくれる配達員さんが来てくれるのを祈ります。

DHLの配達員の給料は時給に換算すると、10ユーロより少し多いくらいだそうです。届けてくれないのはちょっと困るけど、ストレスの多い力仕事で大変だと思います。たまに届けてくれた時には、心付けのチップをあげないとなと思いました。(今まであんまり意識していませんでした。) チップをあげると、ちゃんと配達してくれる確率が増えるかもしれないようです(^-^) 

ちなみにこの質問に答えていた配達員さんは、必ずチャイムは鳴らすそうです。1回。1回だけです。1回鳴らして20秒何もなければ不在票だそうです。チャイムの不具合もあるかもしれないので、2回ぐらい鳴らしたらいいのでは?と思いましたが…運ぶ荷物が多くてそんなにたくさんチャイムを鳴らしていられないのかもしれないですね。

配達員は受取人まで荷物を届けないといけないか?

配達員は、たとえ受取人の部屋が7階でエレベーターが壊れていたとしても、荷物を直接届ける義務があるようです。そして、チャイムを一回も鳴らさずに不在票を届けることは禁止されているようです。

ただ、チャイムを本当に鳴らしていないか証明するのは難しいかもですね。配達員の人は「鳴らしたけど」っていうかもしれません。でも、DHLにクレームを入れるのは意義があるようです。それで改善された例も結構あるようです。

DHLへのクレーム

DHLにクレームを入れたい方は、こちらをそうぞ。

電話: 0228-4333112

(月〜金: 7時〜20時、土: 7時〜16時)

メール: paket@dhl.com

ソーシャル: TwitterFacebook

TwitterやFacebookは他の人の目にもつくので効果的です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする