ベルリンに来たら食べるべきもの7選

ベルリンはインターナショナルな街なので、世界各国のレストランがあり、食べるものに困ることはありません。でもベルリンに来たらベルリンらしいものが食べたいですよね!ここではベルリナーに人気の軽食からドイツ名物まで、おすすめの店と共に紹介します。

スポンサーリンク

ケバブ (Döner Kebab)


おすすめ:K’UPS Gemüsekebap
 Kastanienallee 102, 10435 ベルリン

ベルリンのファストフードといえばケバブでしょう。小さなケバブショップが街のいたるところにあります。夜遅くまで開いているので便利ですね。野菜やお肉がたっぷり詰まったボリュームたっぷりの食べ物です。Mustafa’sが超有名ですが、いつも長蛇の列ができています。他にも美味しいケバブはいっぱいありますので、わざわざ並ぶ必要はないかなと思います。K’UPS GemusekebabもMustafa’sと同じぐらい美味しくおすすめです。

カリーヴルスト (Currywurst)

photo by Jeremy Keith


おすすめ:Curry 36
 Mehringdamm 36 10961 ベルリン

こちらもケバブと同じく良く食べられるファストフードです。カットしたクリスピーなソーセージにケチャップソースとカレー粉がかけられて、絶妙な味わいです。このレシピは1949年に西ベルリン在住のHerta Heuwerさんという方が、イギリス兵士からもらったケチャップとカレー粉を他のスパイスとミックスして作られたものと言われています。ベルリン内にたくさんのカレーヴルストの店がありますが、特におすすめのお店はCurry 36です。行列のできるMustafa’sのすぐ近くです。ちょっと混んでますが、素早いサービスで美味しいのでおすすめです。

ハンバーガー

         
What else? #repost @gourmet.monster by @burgermeisterberlin

おすすめ:Burgermeister Oberbaumstraße 8 10997 ベルリン

ハンバーガーも美味しいお店がたくさんありますよ。新しいお店がどんどん出てくるし、老舗の有名店から流行りの店まで、選ぶのが難しいです。それぞれの店がオリジナリティーを出してナンバーワンベルリンバーガーを謳っています。Burgermeisterはその中でも異色なとてもベルリンらしいバーガーショップです。賑やかなエリアの駅の鉄道の高架下にぽんっとあって、いつも人だかりができています。立地だけでなく、味もベルリン一の呼び声高いです。

 

おすすめバーガー店10選もどうぞ→

シュニッツェル (Schnitzel)


#schnitzelei by @lunges.and.lipstick

おすすめ:Restaurant Schnitzelei Chausseestraße 8, 10115 ベルリン

シュニッツェルはオーストリア、ドイツ全般で食べられる最も有名な料理の一つです。子牛の肉を叩いて薄くし、衣をつけてカリッと揚げたものです。お皿いっぱいのボリュームある一品ですが、薄くてカリッとしててペロッと食べられるのです。レストランSchnitzeleiは雰囲気が良くとてもサービスの良いレストランで、大きなシュニッツェルをリーズナブルな価格で食べることができます。

ケーニヒスベルガー クロプセ (Königsberger Klopse)

おすすめ:Max und Moritz Oranienstraße 162, 10969 ベルリン

こちらはプロイセンの街ケーニヒスベルガーから来たミートボールの料理です。牛や豚の挽肉と玉ねぎ、卵、アンチョビなどが使われています。ケッパーとレモン風味のクリーミーなソースとの美味しいハーモニー。マッシュポテト、茹でたジャガイモなどと一緒に食されます。有名な絵本の名前から来たドイツ料理の人気レストラン、Max und Moritzで食べられます。

アイスバイン (Eisbein)

 
#Eisbein by @piangjsh_

おすすめ:Zur Letzten Instanz   Waisenstrasse 14-16, 10179 ベルリン

豚すね肉が塩漬けにされて数時間茹でられた迫力満点のアイスバインは、ベルリンで愛されている食べ物です。ザウアークラウト、じゃがいも、豆のピューレなどと一緒に食されます。1621年創業で、ナポレオン、ベートーベンを始め数多くの著名人に訪れられた老舗Zur Letzten Instanzで伝統のアイスバインを食べましょう。

アプフェルシュトゥルーデル (Apfelstrudel)

  
#berlin #warmvanillasauce #dessertforbreakfast by @anewlizonlife

おすすめ:Cafe Einstein Stammhaus Kurfuerstenstr. 58, 10785 ベルリン

アプフェルシュトゥルーデルは、シナモン風味のスライスされたリンゴを薄いペストリーの層で包んで、バニラソースやホイップクリームなどでトッピングしたデザートです。ウィーン風レストランCafe Einstein Stammhausは、映画”イングロリアスバスターズ”で、このアプフェルシュトゥルーデルが食べられる緊張感のあるシーンで有名です。暖かいリンゴとバニラソースの組み合わせが絶妙です。

いかがでしたでしょうか。さすがドイツ、肉を使った料理が多いですね。でもベルリンにはベジタリアンが多いので、どこのレストランにも大体ベジタリアンメニューがあります。たくさん食べて元気に動き回りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする