Spoonコンサートinベルリン Astra Kulturhaus

6月17日は待ちに待ったSpoonのコンサートでした。Spoonを観るのは実に9年ぶり。日本でフジロックフェスティバルで観て以来です。当時も結構好きだったけど、今ほどはハマっていませんでした。Spoonにハマりだしたのは前回のアルバムThey Want My Soulからです。

それで他のアルバムもまた聴きだして、どんなに素晴らしいバンドかということを再発見しました。一番大好きなバンドです。2年前にあったアメリカツアーにも行きたかったのですが、入院やらいろいろあって行けませんでした。

なので、本当に待ちに待っていたのです!ヨーロッパツアーの一発目がベルリンです。かなりハードスケジュールでツアーを組まれており、ドイツでは5カ所でライブがあります。

ベルリンでのライブの場所はAstra Kulturhausです。最初は場所はFestsaal Kreuzbergの予定でしたが、チケットがよく売れたためより大きなAstraへ移動するということでした。ドキドキワクワクしながらAstraへ向かいました。このドキワクは始めてキュアーをフジロックで観たとき以来です。

Astraのエントランス

7時半ごろ到着。エントランスを入るとまずビアガーデンがあって、人々が飲みながらリラックスしていました。私は一人ですし、一人でビアガーデンは寂しいので中に入ります。クロークに荷物を預けて、ほどなく前座のバンドが演奏スタートしました。

His Clancynessというバンドで、イタリアのボローニャを拠点とするカナディアン、イタリアンバンドだそうです。結構いい感じでしたが、そわそわしていたのであまり覚えていません!

His Clancynessが終わって、前の方の列の感じはどんな感じかな?と思って前列の方に行って、けっこういい感じに見えそうだったので、結局その場でSpoonスタートまで待つことにしました。どきどきわくわくで、長い機材チェンジの待ち時間さえも楽しめてしまいました!

待つこと45分くらい…ステージのライトと音楽が変わって、ついにスタートです。まずキーボードガイが出てきました!キーボード弾いてます。それで、メンバー登場!Britt Daniel!!ついに見れた!かっこよすぎる!うぉー!

まずは最新アルバムHot ThoughtsからDo I Have to Talk You Into Itからスタート。感動的、生で見るSpoon。I Turn My Camera On、The Beast and Dragon, Adored、The Underdogなど私の大好きな曲たちたくさん聴けて最高です。

最前列の次のところにいたのでステージが良く見えました。押されることもなくちょこちょこ体を動かせたし、最前列のおじさんがかなり踊ってたのが良かったです。最新アルバムからの名曲 I Ain’t the Oneは素晴らしく、聴き入ってしまいました。

Black Like Meでひとまず本編が終わって。本気の歓声を行いました。周りもかなり熱狂していました。で、また出てきてくれて、Can I Sit Next To YouとHot Thoughtsの踊らせキラーチューンの立て続けでテンションMax!最後はRent I Payでした。なんでだろう?でもとても良かったです!

終わっても興奮冷めやらず…最高でした!ビアガーデンは人で溢れているけど、私は外に出て、Spätikauf(コンビニみたいなもの)で飲み物を買って、その辺で余韻を楽しみました。楽しかったなぁ。次はハンブルクです。久々に行くハンブルク。楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする