雨の中盛り上がったストリートパレードZug der Liebe

ベルリンで幾つかあるストリートパレードの一つ、Zug der Liebeです。このパレードの目的は、ざっくりいうと、世の中大変なことがたくさんあるけれど、街は良い人で溢れているよ!っていうことを伝えることなどのようです。差別などせずにみんなで一緒に楽しもう!っていうことですね(^-^)

プレンツラウアーベルクとフリードリヒスハインにかけてパレードが行われ、マウアーパークから始まり、Danziger Strasse、Warschauer Strasseを通ってオストクロイツ駅とトレップトアーパーク駅の間で終着します。13時から22時までにかけて行われていました。

私は仕事があったため、午後7時頃からの参加予定でした。しかし当日の天気予報が雨だったため、行くのどうしようかなと思っていましたが、仕事が終わって、友達がもうパレードに参加しているというので行くことにしました。

パレードはちょうどフランクフルタートール駅を通過しているところでした。たくさん人がいます。微妙に雨です。

警察、パトカーもたくさんいます。

なんとか友達と合流して、パレードに参加しました。参加したところはパレードの最後の方だったので、どんどん歩いていろんなワゴンとダンスミュージックを聴きました。このパレードには15のワゴンが参加していました。レーベルやイベントグループ、クラブなどからの参加で、音楽はほとんどテクノだったかと思います。

パレードルートに住んでいる人はベランダからパレードを楽しめます。

トラムの線路を歩く

Warschauer Strasse駅を過ぎて

線路の下で少し雨宿り

雨の中で歩きながら踊るのも楽しかったです。写真では伝わりにくいのですが、ワゴンが50メートルおきぐらいに連なって、それぞれ大きな音楽を鳴らしていてすごく賑やかです。

この辺になって雨がやんできました。でもところどころに水たまりができてあり、酔っ払った人たちが水たまりを蹴って水しぶきを上げさせるという迷惑行為などがありました。こういうパレードでそんなのは気にしていられないですけどね。体の後ろ全体に水がかかってちょっと寒くなりました。

ワゴンからスモークも出てきます。

こちらでフィニッシュです。パレードが終わっていくつかのワゴンは音楽を止めましたが、いくつかはまだ流していました。オストクロイツとトレップトアーパークの中間あたりで、周りに特に何も無いところです。人が多すぎになりました。

途中でトイレに行きたくなったので、オストクロイツ駅まで歩いて行きました。パレードはトイレ問題があるんですよね。また戻って、最後までパーティーを楽しみました。

友達がこの後違うパーティーに行くって言ってたけど、私はもうそんなパワーが無かったので行きませんでした。残念ながらもう若くないですし。雨に濡れていたので帰り道は結構寒かったです。ジャケットに雨が染み込んでいました。

こんな感じですが、とても楽しいパレードでした!みんな楽しそうなのがいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする